医療法人社団 北楡会のホームページへ
 
     
   
     
 
代表的な矯正治療の必要な噛み合わせ
   
   
反対咬合
上顎前突
 
いわゆる受け口です。上下の前歯の
かぶさりが逆になっています。
 
出っ歯のことです。噛み合ったとき、
上の前歯が下の前歯よりだいぶ前に
ずれています。
   
       
       
  叢生(そうせい)   開咬(かいこう)
 
凸凹な状態のことです。八重歯
などもこれに含まれます。
  奥歯は噛んでいるのに、前歯はぶつかりません。
   
       
       
  埋伏(まいふく)    
 
萌えて(はえて)くるべき歯が、
埋まっている状態のことです。