すずらん歯科 恵庭市相生町14番地 豊栄ビル2階
すずらん歯科 ホームへ
すずらん歯科 医院案内へ
すずらん歯科 診療案内へ
すずらん歯科 すずらんニュースへ
すずらん歯科 お問い合わせへ
 
すずらん歯科 矯正歯科のご案内
 
医療法人社団 北楡会のホームページへ
すずらん歯科 診療案内
 
     
 
 
 
 
 
 
 
   

しみたり、痛んでいるのに我慢していませんか?後で後でと思っているうちにむし歯は次の進行段階に入ります。
患者さんはさまざまな悩み軽減のため歯科医院を訪れますが、一人ひとり問題や要求は異なります。審美性、機能性、快適性、経済性、治療期間、諸事情なども含めた対応が必要であると考えています。

当院では、高濃度の表面麻酔、電動麻酔器を使用し痛みの少ない治療を心がけています。また歯の移植、再植、インプラントも症例により行っております。気軽に相談してください。

 
 
 
 
 
   

最近歯と歯の間がすいてきた、時々歯ぐきが腫れたり治ったりするなどありませんか?30歳以降になると気付く方がでできます。しかし放置し病状が進行すると、硬いものが噛みしめられない・痛くて咬めないなど充分な歯の機能を失ってしまいます。
日本成人の約80%が罹っているといわれる病気ですが自覚症状がでにくく「まさか自分が!」と思う方が多いようです。
軽度から重度までありますので、まず病気の進行段階を把握するところからはじめましょう。
何事も早期発見が大切です。

 
 
 
 
 
   

入れ歯は正しくは「義歯」といい、失った機能を補う着脱式の人工物です。毎日何万回と使用するものですから、そこには歯科医の高い技術と患者さんの使いこなしが必要になります。
古い入れ歯も調整で今より良くなることも多いので一度調整してみてはいかがでしょうか?入れ歯治療の経験は豊富なので、お悩みの方はご相談下さい。

留め金のない入れ歯やチタンを使った金属の丈夫で軽い入れ歯なども扱っています。

 
 
 
 
 
 
 
・ホワイトニング

以前は我慢するしかなかった「歯を白く」することができます(神経のある歯のみ)
セットをお持ち帰り頂き2〜3週間自宅で行う方法です。

 
 
・ジルコニア

主原料である酸化ジルコニアはその驚くべき強度が注目され、人工ダイヤとして使用されています。
産業界ではスペースシャトルの耐熱タイルやF1のブレーキシステムの部品に採用されてきました。また、人体に対する安全性(生体親和性)もこの素材の特長で、整形外科の分野では人工関節の材料として活用されています。
メタル素材を使った歯科治療と比較すると、「金属アレルギーのリスクがない」「天然の歯に近い美しさ」以外に、表面が滑らかで汚れにくく細菌の付着が少ない点も大きなメリットといえるでしょう。

 
 
・PMTC

歯の形は複雑です それらが何本もあればさらに死角もでき、3分で全てきれいにするのは困難です。
日常の磨きは60%程度しか汚れが取れていないとも言われています。
虫歯も歯周病も種類は違えども細菌感染が原因で起きる病気で、細菌の存在とその他の悪条件が重なり続けることが病気発生リスクを高めてしまいます。

PMTCでは器械・器具・補助用具を使用して一時的に歯表面の細菌を除去。細菌が停滞しやすいところを繁殖しにくい環境に整える効果があります

 
 
 
 
 
     

残念なことに、初めから「歯医者大好き!」というお子様は多くありません。初めてのことにおっかなビックリ。怖くてイスに座れなかったり、家からずっと泣いて来るお子様もいらっしゃいます。歯科医院でのお子様の行動はさまざまですし、治療が出来るペースもさまざまです。特に小さなお子様は、一度いやなイメージを持つとお口をあけてくれませんので、まずは器具器械に慣れてもらうことから始めています。当院では、お子様それぞれのペースに合わせて治療を進めることを常に心がけています。
  
また、小児歯科の最終目標は、きちんとした永久歯列をつくる(誘導する)ことにあります。歯並びについては矯正科への紹介を行っております。

 
 
 
     
     

高周波はレーザーが光のエネルギーであるのに対して、電気のエネルギーを利用するものです。
ジアテルミー(温熱療法)といわれ、医科では広く使われています。

●歯内療法

神経を取ったり、根管内の殺菌をする。

●歯周療法

ポケットにチップを入れて熱によって殺菌する。

●電気メス

通常の電気メスより切れ味がよく止血効果が高い

●口内炎治療

●知覚過敏処置
  などに使用します。
   

また高周波の特徴として非接触療法があり患部に接触させないで症状を緩和させることが可能です。患者さんにその作用機序の説明をするときにスタッフともども苦慮します。
次の動画をご覧ください

 
 

この原理を簡単に説明すると・・蛍光灯は使用状態でなくても管内には少量の電子が存在しています。
この電子が磁界により加速され、水銀原子が衝突し紫外線を発生します。この紫外線が管内の蛍光物質に当たり、可視光線を発し光るのです。このエネルギーが炎症のある組織の局所温度を上げ痛みを取るのです。ジアテルミーアプリケーターを触れてもいない、痛くもないのに本当に効いてるの?と思われるかもしれませんが、これが温熱療法の正体なのです!

 
動画を見るためにはウィンドウズメディアプレイヤーが必要です。
Get Windows Media Player コチラをクリックしてダウンロードしてください。