顎関節症
Sapporo kita-buil Dental Clinic

顎関節症


〈写真;顎関節症患者の最大開口
;開口障害〉
 口が開かない、あごが痛い、関節に雑音があるなどという顎関節症は単に歯の問題でだけでなく、生活習慣、ストレス、歯の接触癖、心理精神状態など、多くの因子が関連している機能的疾患であるため、歯科治療に加え、理学療法・運動療法・行動療法・カウンセリング、その他など総合的な観点から診断と治療が必要となります。

 

 当院ではそのための専門的な知識と技量によって対応でき中・長期的に治療を行います。

 

(カウンセリング、セルフケアー・バイトプレート治療・オクルーザルスフリント・薬物治療・咬合分析と咬合治療・ソフトレーザー治療・修復治療)