虫歯
Sapporo kita-buil Dental Clinic

虫歯は程度によって C1, C2, C3, C4 に分けられます。
C は Caries(カリエス) = 虫歯の意味です。

C1 [痛みなどの自覚症状なし]

歯の表面に白い斑点を認め、徐々に黒ずんできます。
奥歯などは歯の溝に沿って進行していきますので、
できるだけこの段階で処置しましょう。

 

→ 神経の保存が可能。
  必要に応じて麻酔を使用して治療を行う。


C2 [冷たい水や風が歯にしみる]

虫歯はエナメル質との境で横に広く象牙質へと広がっていきます。
見た目は小さな穴でも、中で広がっているため
大きく削らなければならないことがあります。

 

→ 神経の保存が可能。
  レントゲンで確認後、麻酔を使用して治療を行う。


C3 [熱いもの、冷たいものがしみてズキズキする]

この状態では神経まで虫歯が進行しているため、
神経をとってしまう必要があります。

 

→ 神経の保存は不可能。
  レントゲンで確認後、根の中の状態を調べ麻酔して根の治療を行う。


C4 [歯の根だけが残る歯の末期状態]

歯の頭部分(歯冠)がほとんどなくなった状態。
治療途中で放置するとこの状態になってしまうことがあります。

 

→ レントゲンで根の先の状態を確認し、
  保存可能であれば根の治療、不可能であれば抜歯となる。