歯周病
Periodontal Disease

歯周病ってきいたことありますか?

健康な歯肉
歯周病で周囲の骨が吸収してきている

 

歯周病は歯ではなく、歯を支えている周りの組織の炎症です。
今、日本人の歯を失う原因のほぼ5割が歯周病です。
歯周病は、初期のうちは、ほとんど症状がないため、
自分で気がつかないうちに進行してしまいがちです。

 

初期のうちであれば、歯ぐきの範囲だけに炎症はおさまっていますが、
進行してくると歯を支えている骨が吸収して歯がぐらぐらしてきはじめ、
さらに進行すると自然に歯が抜けてしまうこともあります。

 

治療は、できるだけ初期のうちに開始することが、大事です。
自分で歯ぐきの調子の悪くないと思っても、
歯科医院を受診して歯周病をチェックすることがお口の健康には大切です。

歯周病の原因

歯周病の原因は、お口の中の細菌です。
じゃ、薬で治る?
歯周病で歯ぐきが腫れて膿をもっているときは薬は効果があります。

 

ただ、今のところ薬だけで歯周病は治りません。
薬が効きにくいバイオフィルムが細菌の周りにつくられているのと、
細菌以外に歯石などの異物が歯周病に関与しているためです。

歯周病の治療

歯周病の治療には、プラークコントロールが必要です。
初期の歯周炎は、歯ブラシで治ります。
当院では歯科衛生士がひとりひとりのお口の中の状態にあわせて
プラークコントロールのお手伝いをしています。

 

進行した歯周炎になると歯ブラシだけでは、治らなくなります。
歯ぐきの中の汚染された根の表面をきれいにしていく治療が必要になります。
さらに進行した場合には、外科手術が必要な場合もあります。
初期のうちに治療をはじめられると、治療期間も少なくすみます。

Copyright(c) 2013 PASTORAL Dental Clinic. All Rights Reserved