医療法人社団 北楡会 ファミリー歯科クリニック お問い合わせ
HOME 診療所のご案内 院長紹介 ファミリーニュース 治療のご案内 お問い合わせ
治療のご案内 ファミリー歯科の治療
矯正治療のご案内

医療法人社団 北楡会のホームページへ
インプラント
インプラントは人工歯根とも言われ、歯の抜けた部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を植立し、その上に支台部(歯を直接支える部分)と人工の歯をしっかりと固定する治療法です。インプラントは生体との親和性が高いチタンという金属で造られています。チタンはインプラントの材料として最も安全であり、また顎の骨と結合することが確認されています。
義歯が入った状態
インプラントを植立
GCインプラントシステムを導入し、インプラント体の埋入を行います。
1.一次手術
図のKAVO製インプランターを使い顎の骨にインプラントを植える穴をあけます。




粘膜を切開し、穴を開けインプラント体を植立し、縫合します。二次手術までは上顎で約6ヶ月、下顎で約3ヶ月、間を空けます。
2.二次手術
インプラント体が骨と結合したら、ヒーリングアバットメントといわれるものを貫通させて装着、「窓」を開けます。数週間のち、歯肉の形が整ったら土台とその上の歯を作っていきます。
インプラントは顎の骨、全身状態、かみ合わせの状態によっては、治療の対象とならない場合もありますので、きちんとした検査、診断が必要です。手入れがよければ長持ちしますが、悪ければ歯と同じようにダメになりますので、定期的な検診が必要です。当院では比較的簡単な症例に対応しますが、難しい症例に対しては口腔外科に紹介することもあります。
   
ページ最上部へ
Copyright(c) FAMILY DNTAL CLINIC Co.,Ltd. All rights reserved. 電話でのお問い合わせ0123-26-2293