小児歯科紹介
 
医療法人社団 北楡会のホームページへ
当医院で行っているさまざまな歯科治療のうちのいくつかを紹介します
【 インプラント治療 】
歯科のインプラントとは人工歯根のことで、歯ぐきの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み骨と結合させ、これに支台と冠を取り付け、歯と同様な機能をもたせるものです。
以下当医院で採用しているインプラントシステムの治療の流れを説明します。
一次手術
インプラントを埋め込む部分の骨に「穴」をあけます。インプランターという専用の機器で形成を行います。
KAVO製インプランター >>
インプラント体にフタをして、歯ぐきの下にかくれる形で縫合。ここまでが1次手術と呼ばれ、 手術の所用時間は本数にもよりますが約1時間。通常術後の痛みはあまり出ず、歯を抜いたときよりも楽なものです。この状態で下顎約3か月、上顎約6か月の期間待ちます。
二次手術
インプラント体が骨と結合したら、ヒーリングアバットメントと呼ばれるものを歯肉に貫通させて装着、「窓」を開けます。
数週間のち、歯肉の形が整ったら土台と被せ物を作る段階に入ります。
補綴処置
この写真の矢印部分が「窓開け」の済んだインプラント部分

型取りをして、支台(被せ物の土台)を作ります。歯肉と調和した形で作成します。 このようにインプラント部においても天然歯を被せた部分と外観上区別はつきません。
インプラントは保険外治療なので、当医院では1歯分を埋め込み被せた場合25万となります。
また、インプラント部も歯周炎(いわゆる歯槽膿漏)になりますから、しっかり清掃をおこない、また定期的なメンテナンスを歯科医院で受けていただく必要があります。
Copyright (C) aobakouen dental-clinic. All Right Reserved.