小児歯科紹介
 
医療法人社団 北楡会のホームページへ
当医院は専門的なお子様の治療を行っております
小児歯科とは 治療の流れ 虫歯治療 虫歯予防 定期健診
【  虫歯予防  】
 
 
小児期の一番の予防は
生活習慣からの予防です。




 
虫歯は細菌によって引き起こされる病気ですから、規則正しい食生活と、口を清潔に保つためのブラッシングで、ある程度の予防は可能です。

  しかし、生まれつき歯の弱いお子様や、溝が深く虫歯になりやすいお子様、障害をお持ちのお子様には、積極的な予防処置が必要となります。青葉公園歯科では、3つの観点から虫歯の予防を行っています。

 

1. 生活習慣の見直し

規則正しい食生活の勧めと悪い癖等の改善、正しいブラッシング方法、家庭でのフッ素剤使用方法などを指導いたします。

2.定期健診よる良好な環境の維持

フッ素の塗布やシーラントなど、メインテナンスによるリスクの軽減を行い、虫歯のない永久歯列へ導きます。

3.口腔内で感染源となる虫歯の除去

虫歯になってしまったら、年齢や症状を考慮し、最適な方法で治療をいたします。
フッ素塗布
    歯質を強化する効果が最も高いとされ、歯をコーティングするのではなく、歯の表面自体を強化します。

  乳歯や生えはじめの永久歯に効果的で1年に3〜4回の塗布をお勧めします。 また、家庭で出来るフッ素剤の使用についても指導しております。 
   
シーラント
 

 奥歯の溝のところにできる虫歯を予防するために溝の深い部分を埋める薬で、フッ素を放出します。

  乳歯の奥歯や6歳臼歯は溝が深く複雑で、虫歯になる可能性が高いため、シーラントは、臼歯の噛み合わせ面の虫歯には特に効果的な予防法といえます。

  ただし、永久的な薬ではないので、定期的管理が必要です。

   
 
小児歯科とは 治療の流れ 虫歯治療 虫歯予防 定期健診
Copyright (C) aobakouen dental-clinic. All Right Reserved.